忍者ブログ

kshinjuku 慶真塾連絡帳

慶真塾の出欠連絡その他。連絡事項。 OBやOGなどとのやりとり。

慶真塾では新入生!2月3月より募集します、新中一になる人たち向け 08011339364

中学入試が終わるころから新中一へのスタートダッシュとして新入塾生を募集します。新中一として2月3月より中学に向けての先取り学習をすすめます。中学入試をしていない小学校6年生については特に中学の英語数学を先取りして2月3月春休みから学び始めて4月からは中二のカリキュラムに入れるような形を推奨しています。中一のカリキュラムは公立中学の場合は特にノンビリダラダラ進みますから学校のカリキュラムとは関係なく英検漢検数検などを活用してどんどん先に進むことができます。完全個別指導、個別対応カリキュラム、文部科学省学習指導要領的な学年配当のカリキュラムは関係なくできるところはどんどん伸ばすというやり方でやっています。

もちろんのこと個別対応ですから、小学校高学年での算数が特に遅れてしまっている人たちにはそのフォローも学年関係なく復習も含めて進めます。小学校高学年から中学1年は、私立中学入試をするしないに限らず、自主的な学習態度を育てて「目覚める」タイミングとしてはとってもよい時期です。無理せず焦らず、でも意欲的な学びへの態度を育成するにはちょうど良い時期。

中学入試をして中高一貫へ進学した人については、中一の比較的進んだカリキュラムへの適応が重要。中学入試燃えつき症候群的な人たちを長年見てきて改めて中学1年での学習態度の育成がとっても重要とわかってきています。中学入試はややもすれば保護者父母によるお仕着せの学習が癖になっていて、二人三脚だとかそれを美化する言いようもよく聞きます、業界的には、しかしそういう学習の延長線の上での受身的な勉強の悪癖が改善されないまま中高一貫で吹きこぼしとか落ちこぼされとかいう事態になる人があまりに多く。。。
→そのあとで。。。
中2後半中3になるくらいから英語数学が取り返しがつかない状態で塾に来るという形、これがあまりに多いので・・・

慶真塾では中学においては特に英語数学を重視しています。中一での英語数学の基礎からの再スタートのところで躓かずに中学入試した場合にはその延長線上で有意義な「リード」をそのままに活かせるような学び方を重視しています。中学入試そのものでそこがピークになってしまうことのないような形。それを模索しています。

1月末2月からの新中一へのスタートダッシュ!!公立中学へ進学する人も私立中高一貫へ進学する人も!!受け身ではなく積極的な学び方への転換!!PC、スマホなど電脳的な学習ツールのフル活用!!Wi-Fi完備の個別指導学習塾。超進学塾!!超補習塾!!




PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 3 4 5 7
11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

プロフィール

HN:
じゅくちょう
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R